受粉作業体験

2010年6月6日(日)

天候により今年は例年に比べ、本来5月中に終わっている作業になるそうです。

雌株と雄株 別株につく<雄雌異株>←がキュウイと教えて頂き、
雄花の花粉が雌花につく「受粉」作業をしないと実がつかないと初めて知りました。

事前に雄花の花粉を採取し、振るいにかけるなどの工程があり手間がかかるのには驚きました。

剪定作業工程など教えてもらい、原産地が中国!(南半球のニュージーランドだと思ってました)
樹上では熟さないため、収穫後に追熟処理をしなければ美味しく食べれないetc
生産者さんとの作業工程で聞いたり、実際に体験して知り得ることが多い充実した2時間でした。

hanakiwi 6,6.jpg
posted by NPO小田原食とみどり at 15:37 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。