キウイの摘果

前回、お邪魔した際はまだキウイの花が咲いておらず、小さすぎる蕾の摘み取り作業をし、それから一か月半が経ちました。
本日は摘果作業のお手伝いをしました。
いつの間にか畑のキウイたちも、かわいい実をたくさんつけておりました。1.jpg

他のものに比べて、生育が遅れている小さいもの、奇形のものなどを摘果していきます。どの実も一生懸命になっているのに、選別するのはかわいそうな気がしましたが、残した実が他の実の分も大きく甘く育つようにと願いながら作業しました。
6歳の息子も斉藤さんに教えていただきながら摘果をしました。ポットのような形をしていたり、双子みたいになっている実を見つけて喜んでいました。自然の造形って楽しいですね。
畑には、かたつむりや、チョウ、そしていかにも果樹園にいそうな、薄い緑でボディーが小さく足のと〜っても長いクモなど生き物たちがいて、たくさんの命の営みを感じました。2.jpg

3.jpg
4.jpg




山の上にあるキウイの畑は吹く風も心地よく、限られた時間ではありますが、自然に触れてリフレッシュ効果は抜群です。次はどれくらい成長しているのでしょうか。楽しみです。







posted by NPO小田原食とみどり at 08:55 | Comment(0) | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。