袋詰めの作業は慎重でした!

日時:2011年1月16日(日)

今回の活動は「キウイの出荷」
11月に収穫して倉庫にて追熟の処理をされたキウイは、いつでも出荷できるほどよい堅さになっていました。
袋詰め程度のお手伝いを考えていましたが、とても慎重な作業でした!!

1.かごに入ったキウイの中で、さわって少し軟らかさを感じるもの、傷のあるもの、かなり変形してるものを取り除く。(自分が食べたいキウイか…というのが判断のポイントだそう。子供はこの作業はお休み)

P1020937.JPG

2.一袋につめるキウイを、450〜454gまでの間で測る。
 (4〜5個でこの数値に合わせるのは、至難。小学生の長男はパズル感覚で楽しんでいました)

P1020939.JPG

3.袋に詰める。
 (ロゴ入りの袋は、枚数カウントもされている貴重なもの。破損ないように丁寧に)

4.生産者の方にてチェック、袋を閉じる。


普段、宅配で購入してるだけでは全く見えてこない一面でした。
底冷えするこの季節に出荷作業を終え、我々の手元に届くキウイ、大切に味わいたいと思います。
posted by NPO小田原食とみどり at 00:00 | Comment(0) | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。