キウィの袋詰め

0901182008年1月18日(日)

■キウィの袋詰め

新年明けましておめでとうございます。
今年最初の作業は昨年、収穫したキウィの袋詰め作業でした。
計量器で入れ数を確認して袋に詰めて、テープで封をして段ボール
に梱包。その後は集配センターに集められて更に配達先ごとに小分け
されてお届けになるそうです。

090118遠藤さんのメッセージも入っており、作業台を向かいに遠藤さん
ご夫婦とおしゃべりしながらの作業は、家族によるとこの作業が
一番楽しいと大人気でした。同時にキウィ1個当たりの大体重量は
80gというのもなんとなくわかりました。

この作業ですが、それぞれのキウィをジックリ見ることになるため「改めて見てみるとキウィの大きさや重さはこんなにバリエーションがあるのか」などと自然と見入ってしまいます。

090118■収穫後のキウィ畑

途中で遠藤さんとキウィ畑の様子を見に行きました。シンプルな枝だけの姿になっており、こういう形になっていたのかとキウィ棚の仕組みを知るには一番いい季節ですね。キウィ棚も収穫という大役を果たした後でノンビリしているようでした。

090118■冷蔵庫でお休み

現在の冷蔵庫も見学させて頂きました。天井まで積み上がったキウィが5月位までゆっくりと出荷されるそうです。
posted by NPO小田原食とみどり at 10:08 | Comment(0) | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。